2017/05/21

関孫六4000CL 牛刀がきた。

4000CLが来ました。
生産終了モデルです。

アマゾンで2980円。

現在は4000円になっています。



180mm牛刀、163g

芯材は青紙に近いSK鋼だそうです。

口金や側金はステンレス。


先日頼まれて鋼を包丁を砥いでいるうちに鋼が欲しくなりました。


 錆びさせたくないので自分専用にします。

スピーカーの横にスタンドを作りました。

台所に置くと妻が使って、水気を拭かずにスタンドに仕舞いますからね。




生産から時間が経っているためか、切っ先がちょっと錆びています。
まったく問題ないですけどね。

ちゃんと産毛も剃れます。

ただ、パケ出しと自分が砥いだ包丁を比べると、自分で砥いだ方がキレます。

永切れを無視して片刃で薄く砥いでますし、それとまあ自分で言うのもなんですが、なんだかんだで腕が上がってきていると思います。


玉ねぎをスライスしてみます。

空もいい状態なのでそれほど違いはありませんが、パケ出しでサックサク。

キンキンに砥いだときの切れ味が楽しみです。


空はハンドルとブレードのバランスが僕の手に合うんですよ。
空は太くて丸くて短め。

貝印は細くて長い。

女性の手に合うんだろうな、という気がします。




今回この4000CLは趣味の道具として購入したので、いずれハンドルを自分好みに交換することも考えています。
素材は耐久性よりもバランスを先に持ってくるために軽めのもの、そしてデザイン。

牛刀にしたのも趣味性からです。

尖っているのがカッコイイ、的な。




家庭で実用的に使うなら三徳です。

「仕込み」というのがないですから。

肉を30分切り続けて、そのあと里芋を30分分切り続けて、終わったらキャベツを切る続ける・・・なんてことはありえません。

トレイから肉を出して1分で切り終え、そのまま里芋5分、キャベツ5分。
専用包丁に持ち替えたり洗ったりするくらいなら、1本でやる方がスムーズです。

三徳ではどうしても無理なもの、骨付きの魚、冷凍物は別ですが。


新品のハンドルの交換は、まず外す(破壊?)ところが大変そうですけど、気分と時間があうときに挑戦してみようと思います。

2017/05/19

三河油石で頼まれ包丁砥ぎ

妻のママ友から貝印の包丁砥ぎを頼まれました。

前に一度砥いだことがあるので、なんとなく自分が砥いだっぽいクセがあります。

仕事前に産毛が剃れるところまでを目標に砥ぎます。

砥ぎはじめて、写真を取るつもりでいたことに気づいて慌ててカメラを持ってきました。

サビの状態から鋼をステンレスでサンドイッチしたタイプっぽい。


こういうサビって辛子レンコンみたいに砥いでも砥いでも出てきたりするんですよね。

教わった握り方。

わが家の三河油石は現在テカテカの状態なので、貝印の砥石でザーッと砥ぎます。
たまには使ってあげないと。

 このへんまで砥いで…
三河油石登場です。


 頂いた木っ端の側面は基本的に鋸跡があるのですが、一部ザラザラが丁度いい塩梅の平面があるので、ここでサビの濃い先端をガシガシ砥いでいきます。
 天然石ならではの個性ですよね。
自分の包丁も鶴首になりそうなものをここで落としています。
ダイヤモンドほど荒くない、丁度いい塩梅なんです。

水をかけるとこうやってピタッとくっつきます。

平面同士が水を介して吸着するのは当然なのですが、ガラス同士の吸着と違って、動かし始めの抵抗が高かったり、途中からヌルっと抵抗が抜けるようなことはありません。
吸い付いているのに一定の抵抗で安定して砥ぐことができます。
この感触がほんとに面白い。 



 唐突にキーボードが現れますw

産毛が剃れるところまで来ました。

 ハンドルは樹脂製。

 貝印です。

 どこまでやるべきか迷っているうちに仕事に行く時間になったのでやめました、という切っ先。

腹はとりあえず汚れだけ落としました。

 自分の包丁に対して腹を磨きたいという気持ちは全く沸かないけれど、他人の包丁だとなんとなく使命感から「磨いといたほうがいいかな」と思いつつ、やっぱり時間がないのでやめときますwww




安い鋼だけれど、砥いでいると鋼っていいなと思えてきます。
砥ぎ味は自分のステンレス包丁よりも楽しいです。

2017/05/11

ミラーレスカメラ用のハンドストラップを自作

 レフ機からミラーレスに変わるにあたって、こういうストラップじゃなくて、ハンドストラップにしたいと思ってました。

オシャレとかどうでもいい。

雑に使いたい。

それでアマゾンでつらつら眺めていたけれど、ピンとくるのがなくて、ヤフオクで1年前にようやくピンときて購入したKonicaのハンドストラップ。

非常に良いのですが、追加で買おうと思ったらこのタイプがもう全然ないんですね。



ないときは自作です。 
ダイソーで犬のリードを1本買ってきて、3台分作りました。

手縫い+接着剤。

ワンポイントの角カンはヤフオクで1個15円。

調整機構が全くないのですが、その分スッキリしています

外すときは切るしかありません。

思いがけずちょっとオシャレになりました。