2017/12/05

引き渡し日、引越し日が決定


一戸建て購入の契約を交わして半月が過ぎました。

18日に家の引き渡し、そこから自分で運べるものは自分で運んで、25日に引っ越し完了となる予定。

狙ったわけじゃないけどクリスマスです。

雪降らなければいいな。

住めればどこでもいい、というのは変わってないけれど、あれも作れる、これも作れるという想像から、だんだんテンションが上がってきています。

決め手となったタイル張りのカウンターと、フローリングの色。

細長いリビングダイニング20畳です。

これに合わせてダイニングテーブルやベンチ、ソファ、棚、ペンダントライトなどを作ります。

ここに入った瞬間から「ここに何を置こう、ここに何を作ろう」というインスピレーションがありました。

中古なので窓枠や玄関のデザインに古臭さはありますが、このインスピレーションは他の新築の物件を見学したときにはない感覚でした。

まあだいたい作り終わったらどうでも良くなっちゃう気もしますが、とにかくしばらくは退屈しなくて良さそうです。
 

2017/12/03

フィリップスのSHE9100を買った。

 2年前に買ったEX450が行方不明になり、結局出てこなかったのでフィリップスのSHE9100というイヤホンを買ってみました。

SHE9100はビックカメラの独占販売で、以前は3800円くらいだったと思うのですが、いつの間にか2000円になってました。

ゴールデンイヤーという神耳エンジニアが手がけたイヤホンが2000円。
買ってみようと思うじゃないですか。

ネットでのレビューは、1中高音キレイ、2素直、3低音弱い(けど十分という人も多い)、みたいなところ。

それでは耳の奥に突っ込んで聞いてみます。

うーん、確かに1~3はその通りだけど、ネガティブに捉えると特徴がなさすぎて言うことに困ります(;´∀`)

フラットだけど、モニターというには少し情報量が足らない気がします。

パケだしというハンデはあるにしても、ドライバ径の違いからか、EX450の方が低音に余裕があったし、それでいて高音も全体の情報量もEX450の方が上であるように思えます。
EX450の高音は少し人工的な感じはしますが、嫌なシャリではありません。

…なんだろ、無くしたEX450への未練かな。

素直というのがどういうことなのかよくわかりませんが、女性ボーカルはSHE9100の方が自然。
ペーパーコーンのフルレンジスピーカーで聞いている良さというかなんというか。

音以外に良い点を書き加えると、ステムのアングルがほとんどないのでシュアがけするときにLRを逆にしなくてもいけます。
それからサイズが小さいので金属ハウジングでもかなり軽い。
まあどちらも僕には十分な音です。

SHE9100のもともとの価格(3800円だったと思う)はEX450と完全に被るので、その価格なら派手めのEX450のほうがおすすめかな。

屋外で聞くとすれば、SHE9100は低音不足で物足りないと思います。

でも今回の購入価格は2000円。
そもそも音楽をイヤホンで聞かなくなった今の状況において、これはこれで良い買い物をしたなと。
 少なくともつなぎで使っていた900円のパナソニックHJE150より遥かにいいです。

エージング(ほんとにあるかどうか知らないけど)が楽しみ。

2017/11/28

最近の包丁生活


 2年くらい前の自分の記事を読んでいたら、2年前の僕は貝印の#3000(僕の中では1500~2000くらいだと思ってる)と、キングの#6000で砥いでいました。


 最近は料理中にタッチアップするくらいの気軽さで三河油石だけ。
気分で目ありをつかったり目なしを使ったり。

欠けが目立ち始めたら#600のなにわ砥石→#6000クラスの三河油石です。


 砥ぎのキホン、みたいなものには、荒砥→中砥→仕上げ砥という流れで書いてますが、#600からサラッと#6000まで飛べる異常性が三河油石です。

以前ダイヤモンド砥石→三河油石も試しましたが、これはさすがに傷が深くて僕には難易度が高すぎました。


包丁は相変わらずVG1の空と鋼の4000CL、それからDPのペティ。
ときどき出刃。

牛刀と三徳を直接比べるのは無意味かもしれませんが、4000CLのほうが切れ味は上。
使ってて楽しい。

でもバランスやハンドルの形状、錆びない特性など、トータルで空の方が実用性は上。

とくに妻は、180mmの牛刀は長くて怖いといいます。
やっぱり貝印の三徳包丁165mmは主婦にとって絶妙なサイズなのかなと。

ちなみに妻は包丁を洗い終わったあと拭きません(;´Д`)
絶対に拭きませんwww

そんなわけで、4000CLは台所ではなく僕の自室に保管しています。

VG1はあまり永切れしないけれどステンレスのわりに刃がキレイにつきやすくて、自分でこまめに砥げる人にはいい素材だなと思ってます。

こまめに、と言いましたが、砥石の吸水を待っていたらこまめに砥ぐ気にはならないので、そこで水をかけるだけですぐにガシガシ砥げる三河油石なんですね。


 
 2ヶ月ほど前に知人の女性3人が立て続けに貝印の4000STを買いましたが、そのなかで砥石に興味を持った人はゼロでした。

逆に料理をしている男性、とくに自分で魚をさばいたり、パンを焼いたりするくらいの男性だと、これまでロールシャープナーしか使っていなかった人でも、ほぼ100%砥石の話に興味を持ってくれます。

ようこそこちらの世界へw

仕上げ砥石は三河油石一択だとして、荒砥~中砥が、選択肢が多すぎて逆に困ります。

僕が使っているなにわ砥石のエビ印#600か・・・でもそこまで荒くなくていいような気がする。
黒いから台所が汚れるし、そもそも僕だって好んでこの砥石を使っているわけでない。

キング#800~#1000か…使ったことの無いものはちょっとすすめにくいけど、台付きだしこのへんが無難かな。

2017/11/17

計画性なく引っ越すことで生まれるムダ

パナソニックの浄水器。
1年交換モデル。
6000円で先月購入。

新居の蛇口に取付可能かどうか不明。
使えなかったら悲しい。

あと11ヶ月もつかえるのに!

オリンピック記念ナンバー。
8000円。
同じく先月取得。

今は軽自動車の車庫証明不要の大和町ですが、引越し先の仙台は軽自動車でも車庫証明が必要です。

法的には引っ越したら15日以内に仙台市の車庫証明を申請して、宮城ナンバーから仙台ナンバーにしなくてはいけない、らしい。

年末年始を挟むから時間的に不可能な気もするけど、そんなことよりも費用にイラッとします。

車庫証明の申請で2600円。
オリンピックナンバーで再度8000円必要。

さらに車もう1台あるんですよね。

必要に迫られるまで、しれ~っと宮城ナンバーのままでいるべきか迷う。

2017/11/15

スカイルアーズハウスとPinterest


以前から妻と子どもが家をほしいと話していて、僕としてはライフスタイルに合わせて引っ越す生活のほうが合理的な気がしていて、それでとある土曜日の夜に僕のほうが折れました。

土曜日の夜に「まあいいか、買うか」となって、日曜日の午前中に不動産屋に電話。
夕方には仮契約にサインしました。

家を探し始めて20時間。

こんなに簡単に家を買うことになるとは・・・。




土曜の夜に、妻が最初に目をつけたのは1件の新築一戸建てでした。

僕はどこでも暮らしていけるので、それでOKです。

しかし訪れた不動産屋の提案で「比較対象をつくって、比べることでいいところ悪いところ、妥協できるところできないところを整理して、納得した上で決める」ということになりました。

安い買い物じゃないので、その通りですね。

比較対象も含めて6件を見学。

最終的に選んだのは、最初の新築ではなく、中古物件でした。
決め手となったのはリフォームの出来です。
場所は今住んでいる地域よりやや不便だけれど、とにかく建物が気に入りました。

常識的な範囲で、利便性よりも建物と庭の楽しさをとった感じです。

見せてもらった建売の新築が、どれも今住んでいる賃貸マンション(新築でした)の延長線上、具体的には部屋数が増えるだけであるのに対して、その中古物件は「住んだ後に、僕がいずれ手を入れていくであろうカタチ」でした。

賃貸に壁収納を作るくらいなので、新築だろうがなんだろうが、僕が建物に手を入れないわけがないのです。

むしろお得なんじゃないかと。

もちろん注文住宅なら新築でも希望したカタチになるけれど、一気に倍以上の価格になって手が届きません。


構造は鉄骨だし、地盤は東北大震災というリアルなテストを受けて大丈夫っぽい。
こういう建物を逃したら次いつ手に入るかわからない。

20時間しか経っていないとはいえ、考えるポイントはだいたい全部考えました。
サインして良かったと思います。



サインした日にPinterestに登録しました。

以前から興味がありました。
釣りにはたいして役に立たなそうなサービスですが、建物や家具、庭いじりのアイディアは豊富です。



僕には手が届かない豪華なものが多いんですけどね。
想像が膨らんで楽しいです。

考えてみたら、今のマンションに引っ越してからろくに釣具も作れていません。
2LDK→5LDK、一気に部屋が3つ増えるので、趣味部屋も作れそうです。
当分は家具を作るでしょうけれど、それからまた釣具が作れればいいですね。

年末に引っ越して、DIYを始めたら紹介していきます。

2017/11/10

オリンピックナンバープレート取得で宮城県軽自動車協会に行ってきた。

申し込んでいたオリンピック記念ナンバープレートを受け取りに宮城県軽自動車協会に行ってきました。
海の杜水族館のすぐ近くですね。

こうやってシミュレーションをしたりもしました。

もともと「可愛い車が欲しい。可愛ければ軽自動車でいい。」という見た目の希望で買った車ですから、今より見た目が良くなることなら実行です。

他の人の意見も参考にしようとネットを徘徊していたら「軽自動車にコンプレックスがあるみたいで嫌だから白にしない」というのがあって、ちょっと面白かったです。
S660の板だったかな。


軽自動車を買う時候補の1つだったハスラーでもシミュレーションしてみました。

こんなに目立つ位置にあるので、見た目を重視している人にとって、黄色と白色で印象が違わない訳がないのです。
単純に見た目でどっちが良いか、それに7000円の金をかけるか、という問題なのに「コンプレックスがあると思われるのが嫌」とか、問題を複雑化しすぎ。


行ってきました。
宮城県軽自動車協会。

ここまでN ONEで乗ってきて、自分で黄色ナンバーを取り外して、用意してあるオリンピックナンバーと引き換え、自分で新ナンバー取り付け、という流れです。

ナンバーを外したりつけたりしなくちゃいけないのにあいにくの雨です。

あそこ、屋根がありますね。

外しました。


新しいナンバーには新しいボルトもついてきました。

どういう理由なのか知りませんが、後ろはプラスドライバーでもレンチでもいけますが、前はプラスの溝がなく、レンチのみでしか取り付け取り外しができません。
両方持ってきてよかった。

錆びると嫌なので、ステンレスのボルトを購入。

フロントグリルのデカールも貼りました。
だいぶ印象変わりましたね。
洗車しよ。

2017/10/18

三河のモノ

三河油石。

三河。

三河地方。

行ったこともないし、知識もない。
でもなんとなく親近感というか、関わりがあったような気がして、でもその感覚がどこからきてるか思い出せなかったのですが・・・。

これでした。

三州三河みりん

なんとなく買って、うまかったのでなんとなく何年も買い続けていました。
三河のモノだったんですね。

青森とか秋田の人間は基本的に甘めの味付けが好きなので砂糖をバンバン入れますが、このみりんが入るとカドがとれた奥深い甘みになります。
料理がうまくなった気になります。

トマトソースにも少し入れますね。
酸味がとれて、やはり奥深さというか、コクというか、とにかく旨くなります。
みりんがない場合は砂糖を入れます。

基本的に旨味と甘味って似てると思ってるので、甘さの方向で何か物足りない、と思ったらみりんです。


ついでに他の調味料も。


オーサワジャパン本造りしょうゆ。
妻が「美味しそうだったから」となんとなく買ってきました。
まろやかで美味いです。
料理に使うとあまり違いがわかりませんが、焼き魚とか刺し身みたいに直接かけて食べると「あ、美味いな」と。
今ネットで調べたら結構たけええ・・・(;´∀`)
僕なら店頭に並んでいてもスルーですね。

以前使っていたヤマサの有機丸大豆吟選しょうゆでも全然満足です。
原材料は国産ではないけれど、大豆、小麦、塩のみの醤油。
塩辛くてサラッとしたコレほうが東北人向けの味な気がする。
東日本の人は刺身醤油を使わないので、なんでもかんでも濃口醤油です。


調味料じゃなくてソースですけど、ブルドッグの有機とんかつソース。
これ美味いんですよ。
ご飯にかけて食えるくらい美味いです。

安くなはないけれど、粉文化じゃないこちらではソースの消費が少ないので、このサイズがちょうどいい。

こっちの人はソースを使い分けせずになんでもかんでも中濃ソースorとんかつソースで押し切ります。

2017/10/16

ハムスターの冬支度

 寒くなってきました。

リビングの室温に対する認識は、暑い、普通、寒いの3段階だったのですが、ハムスターが来たのでもう少し気を使っていくことにします。

雪もふるし道路も凍る仙台。
真冬の早朝の室温が5℃近くまで下がっていると仮定して寒さ対策をしましょう。


ハムスターの暖房器具は、ケージ全体を温める電球型と、触れているところを温めるパネル型にわけられるそうです。
ひよこ電球っていうやつですね。

パネル型はさらに、ケージ内に置くタイプとケージ外に敷いたり貼ったりするタイプがあるらしい。

とりあえず電球タイプを買ってセットしてみました。

75cmの広々とした衣装ケースです。

天井と床下に断熱アルミシート。

サーモスタットと温度計をセット。

適温は22℃くらいですが、サーモスタットの動作確認で25℃にセット。
見た目は電球そのものですが、屋台のひよこ電球としがって、ナツメ球より暗く、ほんのり温かい程度。
触っても接触し続けない限り火傷はないでしょう。

25℃セットだと少し暑がりだしたので、20℃にセットすることにしました。
暑いとトイレの砂の上で寝ます。

基本的に電球とサーモスタットの組合せで済みそうですが電球切れ対策も必要なので、真冬になったらケージの床下(外側)に敷くシートタイプと併用していく予定です。

今のところ難しいことは何もありません。
来年夏の暑さ対策のほうが大変そうです。

2017/09/24

ナンカンのスタッドレスタイヤ、ESSN-1 を購入


昨シーズンまでブリジストンのVRXを履いてました。
今年から車2台なので、お値段半分のナンカンESSN-1に。
 
クルマ好きの知人は「全然大丈夫。ダンロップよりマシ」みたいなことを言ってたので、ダンロップ云々は置いといて、Autowayで買ってみました。

仙台の冬は、昼は9割方ドライかウェット、ウェット時の朝夜はアイス、ときどきドカ雪からのベチャベチャ。

タイヤが減りやすく、しかも朝はアイスという、財布に厳しい環境です。

 触った感じは柔らかくてしっかり効きそうだけど、コレばっかりは履いてみないと分かりませんね。

近くのスタンドで組込1000円/本だったと思う。
早いうちに組み込んで、物置に置いといて、11月下旬に自分で脱着という流れ。

お店で買ってお店で組み込むと、タイヤの裏側ってあんまり見ることないですよね。

こんな感じです。

 

2017/09/23

ハムスターが来た。これは楽しい。

 先週末、ゴールデンハムスターを買ってきました。

いつものごとく、物事を始める前にネットで調べまくりました。

まず衣装ケースとパインチップを予め用意。

そしてハムスターを買いに行きます。

飼いやすい定番ハムはゴールデンハムスター(大きめ)かジャンガリアンハムスター(小さめ)。

どちらもトイレを覚えるけど、ゴールデンのほうがより覚えやすい、ということでゴールデンに決定。

ゴールデン1本に絞ってカインズホームへ。

値段は「特価500円!」

夜店的な値段だけど、カインズはちゃんと1頭飼いだし、ケージもキレイだし、大丈夫そう。

水飲みボトル、トイレの砂を入れる容器、テキトーな巣、餌も同時購入。

 5才児ウキウキです。

 あれ?
巣には入らず。
これはちゃんとした館を作ってやらねば。

 家にあった木片で2階建ての館を作成。

 それから砂が飛び散らないトイレも作成。
 
 これめちゃくちゃいいです。

定番と言われている「快適トイレ」も購入しましたが、深いボトルに穴を開けたこちらのほうが良さそう。

深いので砂がたっぷり入って、砂を掘りまくって遊んでいます。

砂もほとんど飛び散りません。

飼いはじめて1週間の素人のくせに、ハムトイレの終着点はこれじゃないか、なんて。


リスクが有るとすれば、深いので砂をたっぷり入れないと、自力で出てこれなくなりますね。
そういう事故防止のために深いタイプのトイレがないのかな。

生後1ヶ月半の今の体にちょうどいいサイズなので、大きくなる前に次のボトルを探すのが課題ですね。

これも定番、サイレントホイール。

17cmのヤツ。

すぐに大きくなって窮屈になるらしいので、21cmもすでにスタンバイしています。

 シーソーを自作。
全然遊んでくれません(;´∀`)


トイレのおかげで全然臭くないし、2日目から餌を手から食べるし、家とか自作要素もあるし、これは楽しい。