2017/06/16

子どもが歩きだしたらコンデジが良いのかもしれない。富士フィルムXQ2

子どもが歩きだすと大変です。

起きている間中、止まることなく常に動いています。

そんなわけで子どもの写真を残すのに、持ち運びに不便な一眼レフを手放して、マイクロフォーサーズのミラーレス機にしたのですが、友人はコンデジを選択しました。

フジのXQ2です。


フルHDのタブレットPCで見せてもらった写真は、おっ!と思えるものでした。
さらにネットでの評判を見て、これはこれで有りというか、むしろファーストチョイスかもしれないと思いました。

ちなみにフジのコンデジは定期的に地雷機と名機が出現しますが(攻めてるってこと!!?)、XQシリーズは名機になりそうですね。


見せてもらった写真は、小さなセンサー(コンデジとしては大きいですが)、ローパスフィルターレス、という特徴が出ていて「平坦ではあるけれど、キレがあって、子どもの表情がよく分かる」という画でした。

 それでよくよく考えてみると、2/3型というセンサーサイズの小ささは、子どもを撮ることにおいて欠点よりも利点が多い気がしてきました。

センサーサイズが小さいということは、

・レンズが小さいからAF速い。
近接から望遠までのレンズの移動距離が短いですし、レンズそのものが小さくて軽いからスッと動きます。
位相差とかコントラストとか、そういう技術的な違い以前に根本的に速いです。

・被写界深度が深い
前後方向での被写体ブレがあっても、ボケ量が少ないのでなんとか見れる写真になります。
兄弟がいる場合は二人同時にピンがそれなりに合う。
背景ボケによる立体感はないですが、記録として残すには深いほうが有利ですね。

・暗所に弱い
レストランなど昼でも薄暗い室内では不利になりますね。
でもたいてい暗い時間、子どもは寝ているからカメラの出番なしw

で、人気のRX100と比較すると、起動が圧倒的に速い。

もう子どもを撮るためにあるようなカメラですね。



子どもが生まれた→背景がふわっとボケた写真に憧れて、EOS Kissをレンズキットで買う→なんかコレじゃない→せっかく買ったのにカメラ使わなくなる

コレじゃない、の後に誰かに相談して「キットレンズじゃ無理です。Sigmaの30mmf1.4買って下さい」って言われて、さらなる出費にがっかりしてカメラを使わなくなる、というパターンもありますよね。

憧れもいいけどカメラもったいなさすぎぃ!

XQ2、現実的な選択肢です。

2017/06/09

スピーカーシステムを一新した。ユニットはTangBand W3-1364SA



昨年末に作ったスピーカーの音がやっぱり気に入らなくて、半年しか経ってないのに作り直すことにしました。

音の悪さの原因は、作製中から既にうすうす気づいていたけれど、箱の強度不足。

バッフルは高剛性で、とよく言われるけど、結局何もかも全部高剛性でいいと思う。



高剛性、ということで目をつけたのは鉢。

ニトリの4号鉢です。
1個400円。
寸法は12.5cmの立方体。

容積は、ざっと計算してみたら1.8リットルくらい。

 

ニトリ鉢には5号もあって、そちらは15.5cmの立方体。

音だけ求めたら5号ほうが絶対いいです。

容積にして1リットル以上違いますから。

ただ、うちは狭いので、見た目重視で4号に・・・


内部構造。

ファンネルダクトバスレフの8本立て。

実は以前この鉢でスピーカーを作ったのですが、その時はダクト2本で、音が窮屈で、低音も不足してボツにしました。
その後本数を増やせばいいという記事を読んで再挑戦です。
参考にしているブログ記事では15本以上ダクトを立ててました。

バッフルの素材はタモ20mm厚。
バットに使う木の仲間。

はじめて扱う素材です。
はっきり言って硬い。
家庭用のドリル+自在錐ではちょっと厳し目です。



途中経過を撮ってないので唐突に出来上がります。

なぜかメルヘン仕様。

ユニットはTangBand W3-1364SA(改)

881sjfはマグネットが大きすぎて入りませんでした。

箱のコーナーの木はただの飾りで、音には関係ありません。
出隅、といいます。
見た目、大事。
コードは鉢穴から出て、下の台を貫通してアンプにつながっています。
見た目大事です。

ドライフラワー。
見た目大事!
利便性からもはやスマホMP3以外の音源は考えられません。

いつもの安い中華アンプ、Lepy LP-V3S。
デジタルっぽい見た目だけどアナログアンプらしいです。

Lepy2020(後継機は2024)はクリアでシャッキリ系、LP-V3Sはそれよりもややふわっとしている、らしい。
両方持ってるけど言われてみればそんな気がします。

どちらか1つを買うなら2024のアダプタセットかな。

さて、音出しです。

箱が全く歪まない高剛性中の高剛性なので、V3Sでも高音域はかなりクリアです。

解像度高い!

そしてクリアでありながらアナログの温かい感じ、低音の押し出す感じもあります。

うん、これはイイ!イイですよ!(興奮)

以前感じていた低音の不足も解消されました。
ダクトを増やした効果でしょうかね。

2リットル未満で随分頑張ってます。

大成功~。



*今回のおさらいとか考えたこと。

・高剛性、高重量は正義だ。
・たぶん同じ厚みなら木よりアクリルとかの樹脂の方がいいと思う。木の響きとかそういうのは邪魔。好みだろうけど。
・ファンネルダクトのダクトは増やしたほうがいい。

そして、5号鉢だったらもっと良いと思うの!


2017/06/06

Lumix G 20mm f1.7 Ⅱで撮ってきた。


GX1+Lumix G 20mm f1.7 Ⅱ

撮って来たんだけど、レンズの良さとかセンサーの特性とか全く関係ない画にしちゃってごめんなさい。

こういうのが撮りたい気分だったので。

上はLightroomのみで。
下はLightroomとGIMPです。

2017/06/05

神レンズと言われているらしいLUMIX G 20mm/F1.7 II

パナソニックレンズの定番中の定番、20mmf1.7を買いました。
被写体が子どもばかりだったので、AFが「遅い」とか「迷う」とか言われているこのレンズは避けてきましたが、子どもが止まってくれる年齢になりました。


今回もヤフオクです。

中古レンズですが、コントラストAFは前ピンとか後ピンとかないので随分気が楽です。

ところでそのAFですが、「遅い」のは分かるとして、「迷う」がよくわからなかったんですね。
そんなに迷うかなと。
でもほんとに迷ったらやだなー。





僕が持ってる25mmと20mmとの比較動画がありました。

8分位からが20mmのAFですが、だいたい想像したとおり。

25mmの、ッピピ、ッピピ、ッピピ、ッピピ、ッピピ・・・に対して
20mmはジィピピ、ジィピピ、ジィピピ・・・って感じ。

比較すればたしかに遅いけど、「迷う」と怒りプンプンになるほどでない。

で、たぶん「迷う」のはシングルAF以外のAF設定なんでしょうね。

多くの人がオートで撮ってますし、オートでシングルAFは無理なので。

届いてから何枚か撮りましたけど、シングルだったらふつうに子ども撮ますよ。
もっと早く買えばよかった。



Ⅱ型のシルバーにしたのはブラックよりも5000円くらい安かったから。

Ⅰ型でもよかったけど、ⅠとⅡの価格差も2000円程度しかない。


2009年のレンズ(初代)と同年のGF1の焼き増しと言われているボディだけど、2013年リニューアルされたデザインのおかげで見た目の古さは感じない。


レンズフィルターの縁がブラックということもあって、シルバーでもわりと馴染んでいると思う。
でも「20」という文字はオレンジじゃなくて素直に赤でよかったんじゃないかと。


画角的に被っちゃう25mmの方ですが、メルカリに出そうと思って状態とか購入年とか書いたけれど、オートでしか撮れない奥さんに使わせるときに必要だし、昨日水族館に行ったらイルカが普通に撮れたりで、残しておくのもいいかなと。

25mmは開放で甘いのが不満だったけど、f2.8くらいから自分の中で満足できるシャープさになります。
f2.8だとマイクロフォーサーズでは背景をぼかす、という撮り方ができない。

一方20mmf1.7は開放からシャープだけど、AFが遅い。

使い分けするべきでしょうね。

2017/05/26

キンキンに砥いだ4000CLで試し切り

砥ぎました。
といってもパケだしで既に産毛がそれるレベルですので、ここからは刃をより滑らかにするだけです。

それほど力を入れずに、整えるように砥いでいきます。

産毛ファサーって剃れます。
寒気がします(;´∀`)

料理をする時間がないけれど、何か試し切りしたい。

乾き気味のネギが野菜室にありました。

トマトと違って画が地味なので、包丁販売の動画では全く登場しませんが、刃がなまってくると、グググッという手応えのあとにプツッと切れるようになるので、これはこれでテスト向き。


サクッ、サクッ、サクッとほとんど抵抗なく切れます。

キンキンに砥いだVG1より確かに切れる感じがします。
時間があるときに料理してみます。

2017/05/21

関孫六4000CL 牛刀がきた。

4000CLが来ました。
生産終了モデルです。

アマゾンで2980円。

現在は4000円になっています。



180mm牛刀、163g

芯材は青紙に近いSK鋼だそうです。

口金や側金はステンレス。


先日頼まれて鋼を包丁を砥いでいるうちに鋼が欲しくなりました。


 錆びさせたくないので自分専用にします。

スピーカーの横にスタンドを作りました。

台所に置くと妻が使って、水気を拭かずにスタンドに仕舞いますからね。




生産から時間が経っているためか、切っ先がちょっと錆びています。
まったく問題ないですけどね。

ちゃんと産毛も剃れます。

ただ、パケ出しと自分が砥いだ包丁を比べると、自分で砥いだ方がキレます。

永切れを無視して片刃で薄く砥いでますし、それとまあ自分で言うのもなんですが、なんだかんだで腕が上がってきていると思います。


玉ねぎをスライスしてみます。

空もいい状態なのでそれほど違いはありませんが、パケ出しでサックサク。

キンキンに砥いだときの切れ味が楽しみです。


空はハンドルとブレードのバランスが僕の手に合うんですよ。
空は太くて丸くて短め。

貝印は細くて長い。

女性の手に合うんだろうな、という気がします。




今回この4000CLは趣味の道具として購入したので、いずれハンドルを自分好みに交換することも考えています。
素材は耐久性よりもバランスを先に持ってくるために軽めのもの、そしてデザイン。

牛刀にしたのも趣味性からです。

尖っているのがカッコイイ、的な。




家庭で実用的に使うなら三徳です。

「仕込み」というのがないですから。

肉を30分切り続けて、そのあと里芋を30分分切り続けて、終わったらキャベツを切る続ける・・・なんてことはありえません。

トレイから肉を出して1分で切り終え、そのまま里芋5分、キャベツ5分。
専用包丁に持ち替えたり洗ったりするくらいなら、1本でやる方がスムーズです。

三徳ではどうしても無理なもの、骨付きの魚、冷凍物は別ですが。


新品のハンドルの交換は、まず外す(破壊?)ところが大変そうですけど、気分と時間があうときに挑戦してみようと思います。

2017/05/19

三河油石で頼まれ包丁砥ぎ

妻のママ友から貝印の包丁砥ぎを頼まれました。

前に一度砥いだことがあるので、なんとなく自分が砥いだっぽいクセがあります。

仕事前に産毛が剃れるところまでを目標に砥ぎます。

砥ぎはじめて、写真を取るつもりでいたことに気づいて慌ててカメラを持ってきました。

サビの状態から鋼をステンレスでサンドイッチしたタイプっぽい。


こういうサビって辛子レンコンみたいに砥いでも砥いでも出てきたりするんですよね。

教わった握り方。

わが家の三河油石は現在テカテカの状態なので、貝印の砥石でザーッと砥ぎます。
たまには使ってあげないと。

 このへんまで砥いで…
三河油石登場です。


 頂いた木っ端の側面は基本的に鋸跡があるのですが、一部ザラザラが丁度いい塩梅の平面があるので、ここでサビの濃い先端をガシガシ砥いでいきます。
 天然石ならではの個性ですよね。
自分の包丁も鶴首になりそうなものをここで落としています。
ダイヤモンドほど荒くない、丁度いい塩梅なんです。

水をかけるとこうやってピタッとくっつきます。

平面同士が水を介して吸着するのは当然なのですが、ガラス同士の吸着と違って、動かし始めの抵抗が高かったり、途中からヌルっと抵抗が抜けるようなことはありません。
吸い付いているのに一定の抵抗で安定して砥ぐことができます。
この感触がほんとに面白い。 



 唐突にキーボードが現れますw

産毛が剃れるところまで来ました。

 ハンドルは樹脂製。

 貝印です。

 どこまでやるべきか迷っているうちに仕事に行く時間になったのでやめました、という切っ先。

腹はとりあえず汚れだけ落としました。

 自分の包丁に対して腹を磨きたいという気持ちは全く沸かないけれど、他人の包丁だとなんとなく使命感から「磨いといたほうがいいかな」と思いつつ、やっぱり時間がないのでやめときますwww




安い鋼だけれど、砥いでいると鋼っていいなと思えてきます。
砥ぎ味は自分のステンレス包丁よりも楽しいです。

2017/05/11

ミラーレスカメラ用のハンドストラップを自作

 レフ機からミラーレスに変わるにあたって、こういうストラップじゃなくて、ハンドストラップにしたいと思ってました。

オシャレとかどうでもいい。

雑に使いたい。

それでアマゾンでつらつら眺めていたけれど、ピンとくるのがなくて、ヤフオクで1年前にようやくピンときて購入したKonicaのハンドストラップ。

非常に良いのですが、追加で買おうと思ったらこのタイプがもう全然ないんですね。



ないときは自作です。 
ダイソーで犬のリードを1本買ってきて、3台分作りました。

手縫い+接着剤。

ワンポイントの角カンはヤフオクで1個15円。

調整機構が全くないのですが、その分スッキリしています

外すときは切るしかありません。

思いがけずちょっとオシャレになりました。