2017/06/16

子どもが歩きだしたらコンデジが良いのかもしれない。富士フィルムXQ2

子どもが歩きだすと大変です。

起きている間中、止まることなく常に動いています。

そんなわけで子どもの写真を残すのに、持ち運びに不便な一眼レフを手放して、マイクロフォーサーズのミラーレス機にしたのですが、友人はコンデジを選択しました。

フジのXQ2です。


フルHDのタブレットPCで見せてもらった写真は、おっ!と思えるものでした。
さらにネットでの評判を見て、これはこれで有りというか、むしろファーストチョイスかもしれないと思いました。

ちなみにフジのコンデジは定期的に地雷機と名機が出現しますが(攻めてるってこと!!?)、XQシリーズは名機になりそうですね。


見せてもらった写真は、小さなセンサー(コンデジとしては大きいですが)、ローパスフィルターレス、という特徴が出ていて「平坦ではあるけれど、キレがあって、子どもの表情がよく分かる」という画でした。

 それでよくよく考えてみると、2/3型というセンサーサイズの小ささは、子どもを撮ることにおいて欠点よりも利点が多い気がしてきました。

センサーサイズが小さいということは、

・レンズが小さいからAF速い。
近接から望遠までのレンズの移動距離が短いですし、レンズそのものが小さくて軽いからスッと動きます。
位相差とかコントラストとか、そういう技術的な違い以前に根本的に速いです。

・被写界深度が深い
前後方向での被写体ブレがあっても、ボケ量が少ないのでなんとか見れる写真になります。
兄弟がいる場合は二人同時にピンがそれなりに合う。
背景ボケによる立体感はないですが、記録として残すには深いほうが有利ですね。

・暗所に弱い
レストランなど昼でも薄暗い室内では不利になりますね。
でもたいてい暗い時間、子どもは寝ているからカメラの出番なしw

で、人気のRX100と比較すると、起動が圧倒的に速い。

もう子どもを撮るためにあるようなカメラですね。



子どもが生まれた→背景がふわっとボケた写真に憧れて、EOS Kissをレンズキットで買う→なんかコレじゃない→せっかく買ったのにカメラ使わなくなる

コレじゃない、の後に誰かに相談して「キットレンズじゃ無理です。Sigmaの30mmf1.4買って下さい」って言われて、さらなる出費にがっかりしてカメラを使わなくなる、というパターンもありますよね。

憧れもいいけどカメラもったいなさすぎぃ!

XQ2、現実的な選択肢です。